(サービスの改善及び輸送の安全の確保に関する命令)
第19条第1項

 国土交通大臣は、一般旅客定期航路事業者の事業について利用者の利便その他公共の利益を阻害している事実があると認めるときは、当該一般旅客定期航路事業者に対し、次の各号に掲げる事項を命ずることができる。
一  運賃の上限を変更すること。
二  運送約款を変更すること。
三  事業計画を変更すること。
四  船舶運航計画を変更すること。

※ ご利用にあたって
当サイト内にございます全てのコンテンツは、複製・改変・Web上へのアップロード・譲渡・転売・賃貸・その他これらに類する一切の行為は、固くお断り致しております。予めご了承の上、ご利用願います。

コメントを残す