条文音声データを聴くことで、学習の効率化を目指します。

2…試験を振り返って(筆記試験の勉強方法について)

勉強方法

時期は少し遡りますが、筆記試験の勉強を本格的に始めたのは平成29年7月上旬でした。
7月初〜9月末の間に私が行った筆記試験の勉強方法は下記手順のとおりです。
本サイトの追加更新作業も兼ねていたため、全体としての学習効率は良くないと思います。

 

 

当時を思い出して、作業・学習手順を極力細分化してみました。
  ↓

  1. 前述のテキストに表示されている条文を音声化しました。
     (理由:効率的に繰り返し聴き学ぶため)
  2. 音声化したデータを当サイトにアップしました。
     (理由:ネット環境があればどこでも学習することができるため)
     (ここまでの下準備が終わったのが8月末頃です)
     (ただ、音声データ作成期間中でも、聴くことで少しは覚えられたのだと思います)
  3. テキスト内全条文のアップが完了後、テキストの問題の解答に取り掛かりました。
     (9月初旬頃…1回し目)
     (問題解答→正誤確認→解説熟読→条文音声反復視聴)
  4. 1回し目が完了後、再度テキストの問題の解答に取り掛かりました。
     (9月中旬頃…2回し目)
  5. 2回し目が完了後、再々度テキストの問題の解答に取り掛かりました。
     (9月下旬頃…3回し目)
  6. 筆記試験当日朝、電車での移動中に改めてテキストの問題の解答に取り掛かりました
     (9月30日…4回し目)
  7. 各時限の試験が終了後、次時限分の科目の問題の解答に取り掛かりました。
     (9月30日…5回し目)

 

振り返ってみてよかったこと・悪かったこと

上記のとおり、作業・学習の1〜2をやり終えたのが8月末頃でした。
それから急いで1回し目に取り掛かるのですが、1回目は多くの問題が正答できませんでした。
試験日まであと1ヶ月に迫っているわけですから、「間に合わないかもしれない…」と感じました。
特に海事法令については、聞いたこともない単語が頻発するわけですから、「あと何回やれば(単語だけでも)馴染めるのだろうか…」という不安な日々を過ごしました。
「テキストを買った日(3月頃)から地道にやっておくんだった…」と、何度も思いました。

 

 

筆記試験までの3ヶ月間と口述試験までの2ヶ月間、日々の作業・学習時間は3時間と決めて行いました。
朝と晩1時間半ずつ、就寝時間を削って行いました。
短期間だからこそできたことだと思います。
上記期間中、このルールは守ることができたので、その点については私の中で非常に満足しています。

 

 

さて、海事法令の専門用語に馴染めることを目的とした2回し目で、作業・学習手順1〜2で用意しておいた音声データが少しは役に立ったのか、聴いて少しずつ脳内で関連ワードを繋げてゆくことができるようになってきたのを感じました。
それに比例して(記憶が残っていたというのも大きいのだと思いますが…)、正答が少し増えました。

 

 

問題解答の際、テキスト問題項番の左横に下記のようにチェックを入れました。
 ○…理解した上で正答できた。
 △…正答はできたものの理解できていないので次解答の際間違えるかもしれない。
 ×…誤答した。

 

 

3回し目の正答率は上がったものの、まだまだ7〜8割程度…。
繰り返しやった過去問でこれですから、本番が思いやられる状態の9月下旬でした。
ちなみに、3回し目が終わったのは試験前日の9月29日夜です。

 

 

筆記試験当日

前夜の段階で、3回しでは足らないことを実感していたため、試験会場へ向かう移動中に駆け足で4回し目を行いました。
移動中であったため、1〜3回し目のように机に資料を広げて学習することはできませんでしたが、当サイトにアップしている音声データを使い、あまり不便を感じることなく移動時間を有意義に過ごすことができたと思います。
電車とタクシーを利用して、無事受験会場へ到着することができました。

 

 

筆記試験そのものについては、次項で触れたいと思いますが、当試験では各時限開始後30分(だったと思います)経過すれば、試験会場を退室することができ、次の時限の集合時間までの間、控室等で待機することとなります。
その待機時間に次の時限の科目を詰め込むことで、私としてはようやく5回し目である最後の作業・学習手順が終わったことになります。
(最後の方は集中力が途切れてしまい、眺めているだけになったような気がしますが…)

息抜きや就寝前の復習にいかがですか?

過去問・クイズ集

(PCでのご利用推奨(1回10問ランダム))



PR:<様々な資格学習が980円で受け放題>


 

PAGE TOP