日本国憲法クイズをやってみよう🎵

当ページでは日本国憲法の条文に関するクイズを掲載しております。
毎回10問がシャッフルで出題されます。
(2021年3月15日現在、全52問ですが随時増やしてゆく予定です)

いずれの問題も、条文さえ読めば正誤を確認できるものばかりです。
迷った箇所があれば、ぜひ当サイトの音声データを使って再確認してみてください。

また、【○×問題】か【少数肢択一問題】の形式となっておりますので、気楽にサクサク行うことができます。
全集中する勉強に疲れた時など、ちょっと一息、気分転換にお試しください。

 

日本国憲法の条文について、適切な選択肢を選んでください。

何人も、損害の救済、公務員の罷免、法律、命令又は規則の制定、廃止又は改正その他の事項に関し、平穏に請願する権利を有し、何人も、かかる請願をしたためにいかなる     も受けない。(関連:第16条 K27-2-5改)
両議院の議員及びその選挙人の資格は、法律でこれを定める。但し、人種、 信条、性別、社会的身分、門地、教育、財産又は収入によって差別してはならない。(関連:第44条 K27-1-3ア)
この憲法が日本国民に保障する基本的人権は、人類の多年にわたる自由獲得の努力の成果であつて、これらの権利は、過去幾多の試錬に堪へ、現在及び将来の国民に対し、侵すことのできない     権利として信託されたものである。(関連:第97条 K27-2-1改)
両議院は、各々その議員の資格に関する争訟を裁判する。但し、議員の議席を失はせるには、総議員の三分の二以上の多数による議決を必要とする。(関連:第55条 K29-2-ウ改)
何人も、公共の福祉に反しない限り、居住、移転及び国籍離脱の自由を有する。(関連:第22条第1項 K28-1-2改)
内閣は、国会及び国民に対し、定期に、少くとも毎年一回、国の財政状況について報告しなければならない。(関連:第91条 K27-1-4イ)
予見し難い予算の不足に充てるため、国会の議決に基いて     を設け、内閣の責任でこれを支出することができる。(関連:第87条第1項 K28-1-5改)
最高裁判所は、訴訟に関する手続、弁護士、裁判所の内部規律及び司法事務処理に関する事項について、規則を定める権限を有する。(関連:第77条第1項 K29-1-5改)
衆議院が解散されたときは、解散の日から三十日以内に、衆議院議員の総選挙を行ひ、その選挙の日から二十日以内に、国会を召集しなければならない。(関連:第54条第1項 K02-2-ウ)
私有財産は、正当な賠償の下に、これを公共のために用ひることができる。(関連:第29条第3項 K28-1-4改)
下記フォームに入力すると結果が表示されます
日本国憲法の条文について、適切な選択肢を選んでください。
あなたは {{maxScore}} 問中 {{userScore}} 問 正解しました。
{{title}}
{{image}}
{{content}}
※ ご利用にあたって
当サイトでご提供する全コンテンツのご利用は、当サイト内(オンライン上(https://www.lawdoku.com/から始まるURL上))にのみに限らせていただきます。また、当サイト内のすべてのコンテンツにつきまして、ダウンロードやその他の方法による当サイト外への持ち出しは、理由のいかんを問わず固くお断りいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA