日本国憲法 第59条第4項

第59条第4項  ※ クイズへ移動する

 参議院が、衆議院の可決した法律案を受け取つた後、国会休会中の期間を除いて六十日以内に、議決しないときは、衆議院は、参議院がその法律案を否決したものとみなすことができる。

日本国憲法 第四章 国会 条文一覧
※ ご利用にあたって
当サイトでご提供する全コンテンツのご利用は、当サイト内(オンライン上(https://www.lawdoku.com/から始まるURL上))にのみに限らせていただきます。また、当サイト内のすべてのコンテンツにつきまして、ダウンロードやその他の方法による当サイト外への持ち出しは、理由のいかんを問わず固くお断りいたします。

以下、クイズコーナーです。


日本国憲法 第59条第4項クイズ(全2問)

参議院が、衆議院の可決した法律案を受け取つた後、国会休会中の期間を除いて     以内に、議決しないときは、衆議院は、参議院がその法律案を否決したものとみなすことができる。(関連:第59条第4項 K29-1-3改)
参議院が、衆議院の可決した法律案を受け取つた後、国会休会中の期間を除いて六十日以内に、議決しないときは、衆議院は、参議院がその法律案を否決したものとみなすことができる。(関連:第59条第4項 K28-2-1)
日本国憲法 第59条第4項クイズ(全2問)
あなたは {{maxScore}} 問中 {{userScore}} 問 正解しました。
{{title}}
{{image}}
{{content}}

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA