民法 第474条第4項


(第三者の弁済) ※ 本条解説へ移動する
第474条第4項

 前三項の規定は、その債務の性質が第三者の弁済を許さないとき、又は当事者が第三者の弁済を禁止し、若しくは制限する旨の意思表示をしたときは、適用しない。

民法 第三編 第一章 総則 条文一覧


























※ ご利用にあたって
当サイトでご提供する全コンテンツのご利用は、当サイト内(オンライン上(https://www.lawdoku.com/から始まるURL上))にのみに限らせていただきます。また、当サイト内のすべてのコンテンツにつきまして、ダウンロードやその他の方法による当サイト外への持ち出しは、理由のいかんを問わず固くお断りいたします。

以下、解説です。


【民法474条4項解説】

弁済をすることについて正当な利益を有する第三者が行う弁済や、債務者または債権者の意思に反しない第三者からの弁済についても、次の場合には認められていません。

債務の性質が第三者の弁済を許さないとき
→例えば、歌手のコンサートなど、代わりの人が債務を履行するのでは当初の目的を達成できないような性質の債務の場合には、第三者からの弁済は認められません。

当事者が第三者の弁済を禁止し、若しくは制限する旨の意思表示をしたとき
→当事者間で第三者からの弁済を禁止若しくは制限する特約をあらかじめ決めていれば、第三者からの弁済は認められません。

 

2022年4月4日 ご執筆U様
(※ 解説内容は、執筆当時の情報をもとにしております)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA