(選択債権における選択権の帰属)
第406条

 債権の目的が数個の給付の中から選択によって定まるときは、その選択権は、債務者に属する。

※ ご利用にあたって
当サイト内にございます全てのコンテンツは、複製・改変・Web上へのアップロード・譲渡・転売・賃貸・その他これらに類する一切の行為は、固くお断り致しております。予めご了承の上、ご利用願います。

コメントを残す